日本宇宙少年団の佐野分団活動
2009年度の活動は、この画面の下です。スクロールしてご覧ください。
佐野分団 2008年の活動   宇宙少年団佐野分団2008

日本宇宙少年団について

水ロケット全国大会実施要項(PDFファイル)


日本宇宙少年団

トップページへもどる

YAC2010へもどる

佐野分団 2009年の活動

  4月11日(土) 9時〜11時30分 入団式 ペーパークラフトをつくろう  
  5月 9日(土) 9時〜11時30分 人工衛星&ロケットを学ぼう  
  6月13日(土) 9時〜11時30分 ペットボトルロケットをとばそう
  7月11日(土) 8時〜17時 バードウォッチング(日光戦場ヶ原)
  7月22日(水) 9時〜12時 日食を見よう 
  8月29〜30日(土、日)8時〜翌17時  サイエンスキャンプ(1泊2日) 
  9月12日(土) 9時〜11時30分時 モデルロケット 
 10月11・12日 子ども未来フェスティバル(市制5周年こどもの国10周年記念事業) 
 11月14日(土) 8時30分〜17時 ふれあいの丘「天文館」見学  
 12月19日(土)16時〜19時 天体観測    
  1月16日(土) 9時〜11時30分 宇宙食実験    
  2月13日(土) 8時〜17時 つくば宇宙センター見学
  3月13日(土) 9時〜11時30分 ホームページを作ろう 修団式

 
 4月11日(土)新団員20名を迎え、入団式を行いました。YACのDVDを見ました。
         そのあと月探査機「かぐや」のパーパークラフト作成を行いました。
         時間が足りず完成しませんでしたが、家に帰って仕上げてくれると思います。




 5月 9日(土)はじめにレクリェーション、ことば探しラリーでこどもの国をかけまわりました。
         ロケットは、ストローロケット、風船ロケットから話が始まり、現在のロケット
         未来のロケットまで。人工衛星は、どうして飛び続けるか、無重力などいろいろ。
         そして「宇宙☆未来創造プロジェクト」として2030年の宇宙開発について
         模造紙に書きました。         





 6月13日(土)薄曇りの絶好の天気に恵まれて、ペットボトルロケット作成と打ち上げ実験。
         作るのに2時間かかりましたが、11時には完成。
         水をまき散らし飛んでいきました。水を浴びながら歓声を上げていました。
         時間がなく、一人1回しか飛ばせませんでしたので、もっとやりたいとの声が聞かれました。         





 7月11日(土)日光戦場ヶ原でハイキング&バードウォッチング。団員39人参加(参加率93%)
         湯滝から戦場ヶ原を通り、龍頭の滝まで8km歩きました。
         ちょっと疲れたけれど、アオジ、ノビタキなどたくさんの野鳥を見たり、
         鳴き声を聞いたりできました。
         自然をたっぷり感じることができました。この自然を大切にしたいと思います。
 



 7月22日(水)日食観測 私は仕事で羽生第一高校から見ました。中庭に鏡を設置。日陰の壁に映しました。
         雲の薄くなったところから三日月状の太陽。感動、みんな「一度は皆既日食を見たい。」
         と話していました。また、薄雲のおかげで水たまりに映った太陽がよく見えました。
水たまりに映る太陽
食最大の太陽
鏡で壁に映る太陽

 8月23日(日)水ロケット大会in館林 佐野分団から団員5名とスタッフとしてリーダー5名参加しました。 
         次々水ロケットは大空に飛び出しました。佐野分団から荒井君が全国大会に出場することになりました。



 8月29日30日(土日)サイエンスキャンプ 足尾銀山平 小雨の中、ブーメランを作って飛ばし,
         ネーチャーゲーム。カレーを作って夕食、温泉に入った後、夜はクイズとギターと
         母校の校歌。30日は曇り、ラジオ体操、カンガルードッグ。2日目の科学実験は、
         日食の原理。40m先に直径60cmに切った工作用紙の円盤を太陽に、幅1.5mmの
         ようじを月に見立て、2つが同じ大きさに見える位置を確かめました。
         そのあと銅山観光、富弘美術館を見学し、帰ってきました。




 9月12日(土)モデルロケット作成 あいにくの雨で、打ち上げは、次の機会に。


10月11・12日(日・月)こども未来フェスティバル 佐野市こどもの国10周年事業で、松本零士YAC理事長
         の講演。館林分団も参加しました。JAXAやYAC本部、館林市子ども科学館からもお借りして展示しました。
         アストロカーで、太陽観察(黒点0が続いていますが)、ストローロケット飛ばしなど、いろいろ。 
         団員はもちろん、一般の来場者にも楽しんでいいただきました。

>

11月14日(土)あいにくの雨の中、栃木県大田原市のふれあいの丘天文館を見学に行きました。
         秋の星空の説明、65cm反射望遠鏡を見て大きいのにびっくり。さらに2人同時に見られる
         との説明を聞き感心。午後はTPCO塩原ランドで、電気のクイズ。楽しく勉強になった1日でした。
         帰りのバスから、紅葉や夕焼けがきれいに見えました。



11月21・22日(土日)水ロケット全国大会に、北関東チーム(チーム名:マーキュリーレッドストーン09)として、
         佐野分団から、団員2名リーダー2名参加しました。佐野5時の電車で、新幹線などの乗り継ぎ
         11時愛・地球博跡地の公園に着きました。見学や講演会のあと、宿泊地へ。夕食後各チームの
         プレゼンテーション。翌日、開会式、そしていよいよ競技開始。午前中は、定点着地競技。
         50m先の目標に発射。みんな10m以内に着地。レベル高い!わがチームも検討しましたが、
         上位にはならず。午後は、飛距離。わがチーム、156mの驚異的な記録(つくば分団)を出して、
         1位。すばらしい結果を得て、帰路につきました。



12月19日(土)ちょっと寒いが快晴で、すばらしい星空に。水星が最大離隔で夕焼けの空にはっきり見えました。
         望遠鏡で半月状に見えるはずでしたが、よくわかりませんでした。
         釜のように細い月は、地球照(地球の反射で影の部分もうっすら見える)もよく見えました。
         木星は、4大衛星や、縞模様を観察。星座も夏の大三角、秋の四辺形などからいろいろ見ました。
         北極星も確認しました。



2010年
 1月16日(土)宇宙食ー電気を流すだけでパンが焼ける=電気パン
         ホットケーキミックスを牛乳パックに流し込み、ステンレスの板の電極を差し込み、
         電気を流します。しばらくするとふくらんで、おいしいパンのできあがり。
         焼き上がると、電気が流れなくなり焼きすぎる心配なし。おいしく楽しい実験でした。
         その後、9月の活動でできなかったモデルロケットの打ち上げを行いました。
         北西の風が少し強かったので、北西に向けて打ち上げ、パラシュートで降りてくると
         南東へ着地。迫力があり、寒さを忘れ、感動的でした。

 2月13日(土)つくば宇宙センター見学
         雪の降る天気になってしまいましたが、バスの通行には支障無く、予定通り行ってきました。
         ロケット発射時の大音響を体験したり、貴重な経験でした。
  

 3月13日(土)ホームページをつくろう&修団式
         YACのホームページなどでいろいろ調べたあと、自分でページを作りました。
         1年間の活動の良かったところなどまとめました。そして、各班ごと発表しました。
         最後に修団式、皆勤賞の表彰など行いました。
  

もどる