診療案内

CAD/CAM冠 
保険適応な白い歯の被せ物


CAD/CAM冠とは



2014年4月1日、歯科用CAD/CAM システムを用いたハイブリッドレジンによる歯冠補綴が先進医療から健康保険に導入され、小臼歯に対し保険適用となりました。

  • 保険適用金属冠に比べ審美性に優れています。
  • 保険適用金属冠に比べ生体親和性に優れています。

これまで小臼歯部で保険がきく白い被せ物は,プラスチックの冠のみで,大変割れやすい代物でした。
今回のCAD/CAM冠は、物性の安定したレジンブロックをコンピュータで制御して削りだして作製されるもので、強度が増しています。

自費でのセラミック冠には強度も審美性も劣りますが、少しでも銀歯を減らしたい方には朗報となります。


保険対象となる歯は,小臼歯(4番,5番)です。

白いクラウンの保険費用は約8000円です。



ハイブリッドレジンCAD/CAM冠の利点

  • 保険適用なので安価
  • 白い色をしている
  • 天然の歯とかみ合わせても、天然の歯が削れにくい
  • 噛んだときのあごへの負担が少ない
  • 金属アレルギーを起こさない


ハイブリッドレジンCAD/CAM冠の欠点

  • 保険適用内だと、前から4,5番目の歯にしか使えません。
    (第一小臼歯、第二小臼歯)
  • 白いが、色調が単調
  • 年数が経つと、変色してくる
  • 強度が低く、割れやすい
    →力がかかる歯にはつけられません。

歯科医院へのご予約とお問い合わせは【0283-55-4373】までお気軽にどうぞ