診療案内

妊娠中の歯科治療について

妊娠期は女性ホルモンの影響により、むし歯をはじめとした口腔内のトラブルが起きやすくなります。口腔内のトラブルが起こると、母子感染により生まれてくるお子さんがむし歯になるリスクを高めることとなるので、この時期には特に注意が必要です。


妊娠中の虫歯治療

体の変化・生活習慣の変化でむし歯が発症しやすくなります。

内分泌機能が変化し、唾液に粘りが出たり、口腔内が酸性に傾くビタミン新陳代謝の障害が起こり、むし歯菌の防止作用が低下する、つわりによる口腔内の清掃不良でプラークが繁殖しやすくなる。

ただし、妊娠中の口腔内疾患の多くは、きちんとした口腔管理ができていれば悪化しません。

適切な妊娠中のお口のケアを覚えて、お口の健康と生まれてくる赤ちゃんの健康を守りましょう。



妊娠中のお口のケア

つわりがひどく歯磨きをするのもつらいときは
ニオイに嫌悪感を覚える場合は、無理に歯磨き粉をつけずに水のみをつけてブラッシングしてください。
歯磨き粉を付けなくても一定の効果があります。

つわりが治まったときに、いつもより少し念入りに磨けば問題ありません。
磨けない日が続いた場合は、一度当院にお越しください。


医院へかかるタイミングは体への負担を考えると安定期がベストです。
無理をせずに安定期を迎えてからご来院ください。
食生活で気をつけることは、妊娠するとホルモンバランスの変調などにより、栄養バランスが崩れやすくなります。

お腹の赤ちゃんの歯の形成にも影響を及ぼす可能性があるため、バランスの取れた食事が大切です。
また、妊娠中はビタミンA、B、C、Dが不足しがちなので、ビタミン新陳代謝の障害が起こりやすくなります。

特にビタミンBの不足は歯周組織に悪影響を与えますので、意識して摂るようにしましょう。



妊婦ができる歯科治療

妊娠期は女性ホルモンの影響により、むし歯をはじめとした口腔内のトラブルが起きやすくなります。
口腔内のトラブルが起こると、母子感染により生まれてくるお子さんがむし歯になるリスクを高めることとなるので、この時期には特に注意が必要です。

母子感染については『マイナス1歳からのむし歯予防』をご覧ください。



虫歯を削って詰める治療

虫歯によって歯が欠けたり、歯が黒くなってきた部分は虫歯を削って詰め物や被せものをします。
出産近くに強い痛みが出ないように治療をしておきます。



歯の神経の治療

歯に強い痛みが出た場合、神経の治療をする必要があります。神経の治療中に、そのままにしてしまうと根の中に細菌が入り込み抜歯をしなくてはいけなくなることがあります。



歯石を取る

妊娠中は歯茎からの出血が多くなり、出血とプラークによって作られる歯石が多くつきます。この歯石によってますます歯茎が腫れ、歯周病が進行してしまいます。
歯石を定期的に取り除いて、歯周病の悪化を防ぐ必要があります。



妊婦中に避けたほうがいい治療

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯は抜歯後、人によって腫れや痛みが強く出ることがあります。
その場合、抗生物質や痛み止めを長期にのまなくてはいけないこともあるので、親知らずの抜歯は避けたほうがいいです。



外科的な処置

歯周外科手術やインプラント治療など現在積極的に行わなくてもいい外科処置は避けるようにしてください。

インプラントは腫れや痛みが少ない処置ですが、人によっては長期に抗生物質を飲まなくてはいけないこともあります。
出来るだけ妊娠前か授乳が終わってから行うようにしてください。



歯医者での治療の注意点

治療は妊娠中期に行う

妊娠中の歯医者は安定期がお勧めです。妊娠中期(5ヶ月~8ヶ月)であればほとんどの方が問題なくできます。

その他の時期でも、お母さんの体の状態や治療内容によっては可能ですので、歯科医とご相談ください。



レントゲンの影響はほぼない

小さいフィルムのデンタル写真が基本ですが、必要に応じて顎全体がうつるパノラマ写真を撮る場合もあります。

どちらも使用しているレントゲンは歯の部分のみを写すものです。撮影する時は鉛でできたエプロンを着用するので赤ちゃんが被爆する心配はありません。



歯科麻酔は分娩時と同じもの

歯科で使用している麻酔は歯茎に打つ局所麻酔なのでお腹の赤ちゃんへの影響は心配しなくても大丈夫です。無痛分娩にも使用される麻酔と同じものになります。



治療中の体勢は楽に

お腹の張り具合、個人差にもよりますが治療椅子をあまり倒しすぎないで楽な体位を取ってもらえるよう配慮して治療します。治療中でもつわりがひどい時やトイレに行きたい場合は遠慮せずに伝えてください。



薬は出来るだけ避ける

原則として妊娠中の方にお薬は出しませんが、痛みがひどい場合は我慢することが逆にお腹の赤ちゃんに悪い影響を与えることがあるため、お出しすることもあります。

基本的に胎盤を通過するお薬は避けるようにし、お腹の赤ちゃんに影響の無いものを選びます。




歯科医院へのご予約とお問い合わせは【0283-55-4373】までお気軽にどうぞ