診療案内

ムーシールド 
3歳児からの受け口(反対咬合)治療


ムーシールドとは



下の歯が上の歯より前に出ている受け口(反対咬合)のお子さんに使用する矯正装置です。

乳歯列期に使用できる安価な矯正装置です。


今まで本人の協力が望みにくい早期時期(3~4歳時)には、
積極的に治療を行うことが難しい状態でうが、ムーシールドは、
夜間の使用のみで、目的を達成することが可能となります。

かみ合わせの安定の意味も含めて、1年間をめどに使って頂きます。


また、その後は、定期的に健診を継続していく事が重要です。

ムーシールドは本人が積極的に使用しないと、効果は望めませんし、永久歯が生えて矯正治療が必要になる場合も、もちろんあります。

しかし、効果が現れない場合でも反対咬合の原因の一つでもある舌の位置の異常を改善することもできますので、無駄にはなりません。


受け口(反対咬合)のお子さんは3歳児健診で4~5%の割合で見つかります。

「適切な時期に、短期間で治療する」のが理想ですが、本人の成長が深くかかわっており、
矯正治療が長期にわたることもあります。


治療を始める時期が遅くなると、反対咬合の程度がひどくなる傾向もあります。

そこで、より早期に矯正治療を開始することによって
「正しい成長発育ラインに乗せる事」が大事
になってきます。



ムーシールドのメリット

  • 痛みがない
  • 固定式ではなく取り外し可能→歯磨きに支障がない。
  • 形がシンプルで煩わしくない。
  • 眠っている間・テレビを見ている時・おとなしくしている時だけなので嫌がらない。
    (※個人差はあります)
  • 早期治療が可能
    →通常、お子さまの受け口矯正治療は7歳からになりますが、
     ムーシルドなら3歳から始められます。
  • 矯正治療に比べて費用が安価

歯科医院へのご予約とお問い合わせは【0283-55-4373】までお気軽にどうぞ