診療案内

歯の土台(コア)の治療とは

大きな虫歯や歯の破折、再治療などにより、歯に十分な量の歯質が残っていない場合には、
人工の土台(コア)で歯を補強する必要があります。

歯質があまり残っていない歯に被せ物(差し歯)をつけても、
すぐに取れたり、残っている歯が割れたりしてしまうからです。


歯の土台(コア)には、主に ファイバーコア(ファイバーポストコア)レジンコアメタルコア(銀合金) があります。


歯の土台(コア)は目立たない部分ですが、とても重要な治療です。


どのような素材の土台(コア)を使うかによって、その歯に将来起きるかもしれないトラブルの発生率や歯の寿命が変わります。



強い力により歯が割れてしまうことがあります

歯には、食事の時や歯ぎしり・食いしばりの時など毎日いろいろな方向から強い力がかかっています。


一般的に使用されている金属の土台(メタルコア)は丈夫ですが硬すぎるため、十分な歯質が残っていない歯では、強い力がかかった時に歯が割れてしまうことがあります。

このような場合、歯の保存が難しい割れ方(縦破折)をすることが
多いため、抜歯になる可能性が高くなります。



歯質の少ない歯には、硬さやしなり具合が歯と似ているファイバーコアを使用することで、歯が受け止める力を分散して破折などのリスクを減らすことができます。

当院では、歯の土台(コア)はファイバーコアが最良の方法であり、将来的に歯を守ることに繋がると考えております。



ファイバーコアによる治療

ファイバーコア

グラスファイバーのピン(ポスト)で補強したプラスチック(レジン)の土台です。


ファイバーコアは、歯に似たしなやかさがあるため、根を壊しにくく、
特に、歯質の大部分を失った歯に最適な土台(歯にやさしい土台)です。




メリット

  • 硬さや弾性が歯とほぼ同じため、歯が割れる(歯根破折)のリスクが低い
  • 強度があり耐久性がある
  • 光の透過性があり歯に似た白さのため、自然で透明感のある美しい歯を再現できる
    (金属による暗い影がないため、オールセラミッククラウンに最適)
  • 金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配がない
    (メタルフリー)
  • 歯を削る量が少ない(口腔内で製作する直接法の場合)
  • 再治療が必要になった場合も除去が容易

デメリット

  • 保険が適用されないため、レジンコアやメタルコアより費用がかかる。
    被せ物も自費診療となってしまう。

歯科医院へのご予約とお問い合わせは【0283-55-4373】までお気軽にどうぞ